<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

火付け認め殺意は否認…経営者宅に放火の男(読売新聞)

 会社を解雇されたことを逆恨みして経営者の自宅に火をつけたとして、現住建造物放火と殺人未遂の罪に問われた住所不定、無職川地次郎被告(60)の裁判員裁判の初公判が15日、東京地裁立川支部であった。川地被告は放火を認めたが、殺人未遂罪については無罪を主張した。

 冒頭陳述で、検察側は灯油をまいて火をつけた縁側が経営者の寝ていた部屋の脇だったと指摘し、「就寝を待って放火しており、死ぬ危険性を認識していた」と主張。「捜査段階では被告が殺意を認めていた」とした。弁護側は「宿舎を追い出され、困らせようという気持ちだった。死んでも構わないとは考えていない」と述べた。

<民主党>「強い財政」前面に 参院選マニフェスト(毎日新聞)
日本の時計の歴史をたどる旅――滋賀県・近江神宮(Business Media 誠)
歯科治療中に2歳女児死亡=脱脂綿のどに詰まらせる―埼玉(時事通信)
<痴漢>空自入間基地の曹長を逮捕 埼玉県警(毎日新聞)
民主党の参院選公約「米軍基地見直し」削除(読売新聞)
[PR]
by kyd8ypqbic | 2010-06-15 21:58

<明石歩道橋事故>元地域官らの実刑確定 最高裁が上告棄却(毎日新聞)

 兵庫県明石市で01年7月、11人が死亡した歩道橋事故で、業務上過失致死傷罪に問われた元県警明石署地域官、金沢常夫(60)▽元警備会社支社長、新田敬一郎(68)の両被告に対し、最高裁第1小法廷は5月31日付で、上告を棄却する決定を出した。2被告を禁固2年6月の実刑とした1、2審判決が確定する。横田尤孝(ともゆき)裁判長は「被告らが混雑規制を行うよう周辺に配置された機動隊に要請していれば事故は回避できた」との判断を示した。

 両被告とともに起訴された元明石市幹部3人は既に執行猶予付きの有罪が確定している。一方、容疑不十分で不起訴となった明石署元副署長は4月、神戸第2検察審査会の議決に基づき全国で初めて強制起訴された。

 1、2審判決によると、金沢被告らは01年7月21日、明石市の大蔵海岸公園で実施された花火大会の現地警備を担当。大会終了前に公園と最寄り駅を結ぶ歩道橋が過密な混雑状態になっていることを認識しながら流入規制などの措置を怠ったため、群衆が折り重なるように倒れ、11人が死亡、183人がけがをした。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
陸山会事件:辻恵民主副幹事長、検察審事務局に説明求める
小沢幹事長:再び不起訴、2回目の検察審へ…陸山会事件
陸山会事件:小沢氏21日不起訴
陸山会事件:小沢氏再び不起訴へ 新証言は得られず
陸山会事件:石川議員を任意聴取 小沢氏の関与改めて否定

“橋下派”外しで自・民・公が結束…大阪府議会(読売新聞)
口蹄疫 赤松農相が5月30日に2度目の宮崎入りへ (毎日新聞)
顔やけどの労災補償「女性との差は不合理」 男性差別に初の違憲認定(産経新聞)
<ワニのような生き物>住宅地路上に巨大トカゲの死骸 ペットを捨てる? 札幌(毎日新聞)
深夜の大阪府大 院生襲われけが 2人組逃走 (産経新聞)
[PR]
by kyd8ypqbic | 2010-06-04 16:05