消費税論議の開始反対=「景気に水」−社民、国民新(時事通信)

 社民、国民新両党は26日、重野安正、自見庄三郎両幹事長ら幹部による定期協議を国会内で行い、政府が消費税論議を3月から始めることについて「景気に水をかけることになりかねない」として、反対する方針で一致した。
 会合後、重野氏は記者団に「3党でまとまらないテーマを持ち込むのはよくない」と指摘。自見氏は「財務省に行くとみんな洗脳されるが、政治家は議論するのにもTPO(時、場所、場合)がある」と、3月からの議論開始を決めた菅直人副総理兼財務相の判断に疑問を呈した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
小沢氏を怒らせた「農業土木一家」

法科大学院、全国初の入学者なし=合格者ゼロで再募集せず−姫路独協大(時事通信)
首相、迅速対応アピール 2度会見、外相に調査指示(産経新聞)
燃焼する大阪府市論争の行方は… 橋下府政ウオッチ(産経新聞)
タミフルを無許可販売=輸入代行業者を再逮捕−大阪府警(時事通信)
財政破綻やはり無関心?市民パブコメ1件のみ 大阪・泉佐野市(産経新聞)
[PR]
by kyd8ypqbic | 2010-03-03 14:18


<< 張が先勝=囲碁十段戦(時事通信) 首相動静(2月23日)(時事通信) >>